2005年11月19日

マウス環境見直しその後

マウスパッドを「AK-97 究極セットIII」に変えてから、滑りに関してはかなり満足してます。このマウスパッドは二度と手放せません(^。^) でも・・・マウスが相変わらずダメダメなんです(--;) レシーバーから半径15~20cm内に置かないとマウスの反応が鈍くなりイライラ状態になってしまいます(`´メ) でも、キーボードは問題無しなんです(他にも、マウスのホイールクリックが鈍かったり、1回目のPC起動ではマウスが動作しなかったりなどの不具合有り)。色々試しているうちに、レシーバーを縦置きにすると、マウスの反応が良くなる事を発見して、レシーバーを縦置きで使う事に。元々レシーバーを縦置きで使うような構造にはできていないので、設置が難しい(^_^;)

そうこうしているうちに、12月2日にマイクロソフトから、新型キーボード&マウス「Wireless Laser Desktop 6000」が発売されるとのこと。エルゴノミクスデザインの109キーボードと、レーザーセンサー採用の無線5ボタンホイールマウスと言うことで、買う気満々だったのですが、その商品画像を見ると、色が・・・シルバーじゃないですか・・・。黒希望の私としては不満が。あと、マウスがPS/2にも対応可能かが知りたいです。USBのみだと、PC切替機で切り替えが出来ないためNGです。とりあえず発売は12月2日なので、しばらく悩む事にしました。
でも、今のままでは使いづらいので、マイクロソフト カスタマーインフォメーションセンターにダメもとで連絡すると、症状を説明した後に「初期不良で交換後希望でしょうか?」と聞かれて、購入日、保証書等の確認の無いまま交換が決定してしまいました。その電話した翌々日には、代替機が到着して、無事交換となりました(^。^) しかし、2003年11月13日に購入して、ちょうど2年間使用した事もあって、外装部分の一部剥げていたり、汚れが酷かったりしたのですが、不具合内容も解決し、新品同様になってしまいました。
今回代替機を使ってみた印象ですが、私が「Wireless Optical Desktop Elite」を購入したのは、発売後すぐに購入したせいか、今回の代替機と比べると、キータッチ感が向上し、キーボード&マウスのホイールの感覚が良い方向に変わってます。やはり、同じ商品でも後から出た方が改良(改善?)されていて良い商品に出来上がってますね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/10

コメントする