2009年11月24日

ガジェットの隙間

Windows 7を使い出して気になっている事と言えば、ガジェット間の隙間を一定に出来ないこと。Windows Vistaの場合には、自動的に一定に配置されて、ガジェット間の隙間がそれほど気になることは無かったのですが。
Windows 7だと、手動で位置決めを行い、その位置決めは予めポイントのように決められてしまい、そのポイントにしかガジェットを位置決めすることが出来ない状態。
しかし、これを解消してくれるツールがありました(^。^) 私がCPUやメモリー、グラボなどをモニターするガジェットをお気に入りで使わせて頂いているサイトから、そのガジェット間の隙間を解消するツールがアップされていました。「OrbLog」と言うドイツ(語)のサイトで、ここのWindows 7 Gadget Arranger Toolが、ガジェットの位置調整を解消してくれます。このツールをダウンロードして解凍・実行し、シフトキーを押した状態でガジェットの位置調整を行うと縦だけでなく、横に対しても自由にガジェットの位置の調整ができます。また、自動的に上に表示されているガジェットの位置から一定の位置(+10px)にガジェットを配置してくれる便利なツールです。

desktop_091124.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/410

コメントする