2011年6月 4日

PX-G900に互換インクを使う

我が家のプリンタの稼働率はそれほど高くなく、それでもリビングに設置してあるEPSON PM-A950は、ママが子供達の学習用にプリントしたり、コピーしたりと偶に使ってます。
一方、私のPCに接続されたEPSON PX-G950は、稼働率が低い状態で、しかも、この手のインクジェットプリンタの場合、稼働率が低くなると調子が悪くなるので困ったものです(^^;)
また、このEPSON PX-G900は顔料インクが最初に出始めたプリンタなので、印刷したときの鮮明さが掛ける傾向があります。

pxg900compatibleink9_110603.jpg

このEPSON PX-G900は、購入(2003.11.03)してかなり経過している事もあり、そろそろお買い得感のあるプリンタがあれば買い替えたいと思っているところに、楽天市場からのダイレクトメールに「選べるインク福袋 感謝価格2,880円 送料無料 さらにポイント10倍中!!」に目が止まり、元々、互換インクはヤフオクで狙っていた経緯も有り、モノは試しと思い購入することに。

いかにも非純正品と言う白箱のパッケージで届きました。外観からは、白箱に記入された型式で判断するか、中を確認しない限り、どの箱にどのインクの色が入っているのか分からない状態です。

pxg900compatibleink1_110603.jpg

pxg900compatibleink2_110603.jpg

pxg900compatibleink3_110603.jpg

純正インクのカートリッジと今回購入した互換インクのカートリッジを比べてみると、形状及びチップの形も結構違います。(下写真:右が純正インクカートリッジ、左が今回購入した互換インクカートリッジ)

pxg900compatibleink4_110603.jpg

pxg900compatibleink5_110603.jpg

pxg900compatibleink6_110603.jpg

とりあえず、マゼンタだけ無くなり掛けていたので、マゼンタだけ交換することに。
プリンタに互換インクカートリッジ(マゼンタ)を取り付けてみたところ、カートリッジの形状の違いにより、多少のがたつきが発生します。
このがたつきにより、印刷の違いが出るのかは微妙なところですが、この時点で少し不安に(´ω`)

印刷をしてみたものの、スジが入ったり、色が変だったりと綺麗に印刷できません。
ヘッドクリーニングを試そうとすると、次はシアンの色が残り少ないためヘッドクリーニング出来ず、シアンも互換インクに交換することに。
これでヘッドクリーニング出来る条件が整ったので実施してみると、結果綺麗になりませんでした。再度ヘッドクリーニングをしてもダメ。
この時点で、今回購入した互換インクをかなり疑うことに(-_-)

ヘッドクリーニングを実施した結果ブルーを除く他の色も少なくなってきたので、結局ブルー以外の全ての色を互換インクに交換し、ヘッドクリーニングを実施したところ、インクの液が多量に紙に付着o( ̄ ^  ̄ o)
これは、もうダメだな・・・と諦めかけていたところ、ブルーだけ互換インクに交換していなかったので、互換インクに交換。これで全てが互換インクに交換されたことになります。しかし、カートリッジに貼られたインクのラベルも位置がバラバラ( ̄ロ ̄;)

pxg900compatibleink7_110603.jpg

ヘッドクリーニングを実施し、印刷すると綺麗に印字できました(゜U。)?

pxg900compatibleink8_110603.jpg

これは推測ですが、EPSON PX-G900の純正インクは全てが顔料インクのため、今回購入したインクは顔料インクとは相性が合わず、純正インクと互換インクと混ぜて使う事が出来ないと言ったところかも。他のプリンタは、染料インクタイプがほとんどなので、この場合は純正インクと互換インクと混ぜて使っても問題は無いのでしょう。あくまでも推測ですが・・・。

と言う事は、もう純正インクには戻れないと言うことか。または、全てを純正インクに交換するかのどちらかにする必要があります。しかし、今更値段が高い純正インクを買う気もなれないので、とりあえず、この互換インクで綺麗に印刷出来れば良しとしておきましょう(^。^)

この互換インクについてですが、多少のリスクを覚悟する気がある方にはお勧め出来ますが、要らぬトラブルを避けたいのであれば純正インクをお勧めします。また、最終的に印刷したものは、純正インクと遜色はありません。

今回最終的にプリントアウトできるまで、インクの半分ぐらいヘッドクリーニングや試し刷りで消費したかも(´;ω;`)
EPSON PX-G900のプリンタの買い替えは年末ぐらいかな。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/632

コメント(2)

昨日ヘッドクリーニングを何度か実施して最終的に綺麗に印刷出来たのに、翌日印刷すると全体にスジが( ̄~ ̄)ξ これは印刷する度に毎回ヘッドクリーニングする必要があると言う事なのか(--#)
幾ら互換インク安いって言っても勿体ないのと、精神的にも悪いので、今後互換インクは購入しないことに決定しました。やっぱり純正品が一番b(・∇・●)

純正インクと互換インクの耐久性などを考えると、純正インクですが・・・
価格が10分の1ともなってしまうと、考え物です。

私は、下記の店舗に1年間程お世話になっていますが、
今のところ、写真なども色あせる事なく、保っています。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/naka-zi/

あまり印刷しない人にとっては、純正インクの方が良いかもしれませんが、
頻繁に印刷される方は、互換インクでも良いかもしれませんね。

最近の互換インクは、品質も向上しているようですし。
プリンターを安く売り、消耗品であるインクを高く売る商売が成り立ってしまった今では・・・
というところです。

コメントする