MASAa.blogは、WordPress版MASAa.blogに移行しました。
 
WordPress版MASAa.blogのURLは、
 
http://wp.masaa.me/
 
です。よろしくお願い致します。
 

2012年9月30日

New 炊飯器

炊飯器内部のパッキンが破損したことによって、米を炊くと硬くなってしまうことが発覚(~_~;)

パッキンが消耗部品で購入できるかネットで確認してみたところ、内蓋のパッキンは消耗部品として売られているものの、外蓋部分に付いているパッキンの部品は存在せず、パッキンと外蓋が一体構造のため修理で外蓋全部を交換しないといけないみたい( 。-_-。)

と言っても、毎日使う物なので、修理には出さずに買い替えることに。

今回パッキンが破損した炊飯器は、2005年製のサンヨー圧力IHジャー炊飯器 ECJ-FK10。

もう少し活躍して欲しかったかなって言うのが本音ですが、子供達が幼稚園の時の弁当などで、大活躍したので致し方ないでしょう。

当時美味しい米を食べるために、価格.comで一番人気だったのを自分が出費して購入したもの。

このサンヨーの圧力IHジャー炊飯器は、圧力IH、黄金8層厚釜なので、今回購入する炊飯器も同じぐらいの性能ではないと、ご飯が美味しく食べられないと思って選ぶことに。

しかし、その条件で選ぶと結構良い値段になってしまうですね(^^ゞ と言うか、最近の炊飯器って高くないですか!

と言う事で、今回も価格.com頼みで価格.com一番人気を選択。

その炊飯器は、象印の極め炊き NP-NC10-TC(メタリックブラウン)。

象印 極め炊き NP-NC10-TC(メタリックブラウン)
象印 極め炊き NP-NC10-TC(メタリックブラウン)

2011年8月発売で、既に新しい型(象印 圧力IH市販ジャー NP-BA10-TC)が発売になっているので、流通品のみになる炊飯器です。

この炊飯器の人気の高さの理由としては、この2万円前半の価格帯で、圧力IH、7段圧力、プラチナ真空釜、3年保証は、なかなか無いため新製品が出た今でも人気の炊飯器になっているようです。

この炊飯器で米を炊いて食べた感想は、素直に美味しいです(*^_^*)

ふつうモードで、米を炊いたのですが、米一粒一粒ハッキリしており、若干堅いかなって感じですが、旅館などの朝食で食べるご飯に似ていると思います。

子供達は朝から三杯もお代わりしていたので、美味しかったのでしょう(^。^)

今回は、Amazon.co.jpで丁度在庫が補充されたタイミングで購入しました。

Amazon.co.jpでは、2万円前半で売られていますが、私がいつも行くイオンで、たまたま同じ型式の炊飯器があったので値段を確認すると、42,800円で売られてました。う~ん、得した気分w

しかし、これでまたデジカメ購入が遠のいてしまった( ̄。 ̄;)

象印 極め炊き NP-NC10-TC(メタリックブラウン)
象印 極め炊き NP-NC10-TC(メタリックブラウン)


 

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1016

コメントする