2012年11月23日

Windows 8 スタートボタン

Windows 8のスタートボタンですが、http://www.startbutton8.com/ja/サイトのスタートボタン 8を使ってみました。

スタートボタン 8

このスタートボタンは、単純にWindows 7のスタートボタンを再現するのではなく、Windows 7よりも高機能なスタートボタンを実現してくれます。

登録されている全てのソフトウェアを表示するため、目的のソフトウェアを見つけやすいのが特徴です。

文字の大きさの変更などにも対応しています。

Windows 8だけで無く、Windows 7、Vista等にも対応しており、それぞれのWinodwsにあったスタイルデザインが可能です。

また、有料の上位バージョンも用意されています。こちらは更にカスタマイズが出来るようです。

今回このスタートボタン 8を使ってみた感想ですが、従来のWindows 7等のスタートボタンよりも、かなり使いやすいというのが印象です。

但し、このスタートボタンを導入する前に、ランチャーソフト「Orchis Launcher」導入しており、これと比べたところ使い勝手の面からは、左ダブルクリックで起動するOrchis Launcherの方が、私には使いやすいように感じました。

それでも、条件が有ります。

Orchis Launcherの場合は、多くのソフトを登録した場合、上下スクロールで表示しないと全てを見えないため、一度に登録されている全てのソフトウェアを見ることができません。一方、スタートボタン 8は、スクロールすることなく全てのソフトウェアを見ることができます。

従って、登録するソフトが少ない場合にはOrchis Launcherを、多い場合にはスタートボタン 8を、と言ったところでしょうか。

まぁ、両方使っても良いですけどね(^^ゞ 両方を使うとこんな感じです。

スタートボタン 8 & Orchis Launcher

で、私の場合、あれほど嫌っていたWindows 8の操作方法にだいぶ慣れてきましたw

そこでスタートボタン 8を導入することで、画面左下にマウスカーソルを移動してもメニューが出なくなったのが不便に感じるようになってきた訳で・・・。

矛盾してますね( ̄。 ̄;)

Windows 8のスタート画面も、下のように必要なアプリだけを表示するように整理してみた。

Windows 8 スタート画面

と言う事で、

1.Windows 8 スタート画面 + Orchis Launcher
2.スタートボタン 8 + Orchis Launcher

のどちらのパターンで使うか思案中。

また、Orchis Launcherは自分にとってかなり便利なので、Windows 7で使っているメインPCや、娘のノートPCなどにもインストールして使ってます(^^)/

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1076

コメントする