2013年2月24日

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

先日開封した「AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO」快適に使っているのですが、長時間使っていると耳が痛くなってしまいます(ノД`)

と言うことで、別売りのイヤパッドを購入してみました。

AKGのヘッドホンの特徴として、パッドをすぐに交換することができます。

この「AKG K121STUDIO」は、上位モデルの「AKG K142HD」の標準パッドが、何も加工せずに装着可能です。

その上位モデル「AKG K142HD」のイヤパッドも比較的簡単に入手が可能で、「AKG K142HD」用の標準イヤパッドの型番は「AP142HD」となります。

今回、この上位モデルの「AKG K142HD」の標準パッド「AP142HD」を探したところ、Amazon.co.jpやSofmap.comでは取り扱いがなく、先日、子供の誕生部プレゼント購入で利用したヨドバシ・ドットコム(Yodobashi.com)で取り扱いが有ったので、タイミング良く子供の誕生日プレゼント購入で発生したポイントを使って幾らか安く購入することができました。

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

「AKG K121STUDIO」の標準イヤパッドはレザー生地ですが、「AKG K142HD」の標準イヤパッドはベロア調の生地で出来ていて、見るだけでも耳に優しい素材と言うのが感じ取れます。ただ、レザー生地に比べると、ゴミや塵などの汚れが付着し易く、手入れが難しいと思われます。

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

(↑左:K121STUDIO標準イヤパッド、右:K142HD標準イヤパッド)

パッドの外し方は、反時計回りに回すことで簡単に外すことができます(4カ所のかみ合わせで固定されています)。

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

(↑左:K121STUDIO標準イヤパッド、右:K142HD標準イヤパッド)

この「AKG K142HD」の標準パッド「AP142HD」に交換して使ってみたところ、耳のフィット感が全然違って、耳に優しくフィットする感じです。

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

AKG K142HD標準イヤパッド AP142HD

これだと「AKG K121STUDIO」の標準イヤパッドに比べて、長時間使用することが可能です。

今回再びヨドバシ・ドットコムを利用した訳ですが、Amazon.co.jpと同様に全品送料無料だし、発送対応も迅速だし、モノによってはAmazon.co.jpよりも安いので、自分にとって今後ヨドバシ・ドットコムの利用率は、Sofmap.comよりも高くなりそうな感じです。後は、振込先の銀行のバリエーションさえ増えればって感じですね(o_ _)o


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1189

コメントする