2013年10月28日

Movable Type 6 アップグレード


Movable Type 6


この度、2年9ヶ月間お世話になってきたMovable Type 5から、10月17日にリリースされたMovable Type 6にアップグレードしました。

このブログを立ち上げたのは2005年7月で、Movable Type 3から使い始め、2008年12月にMovable Type 4へ、2010年1月にMovable Type 5へ、と今回のMovable Type 6で3回目のメジャーアップグレードになります(°0°)

毎回毎回アップグレードには手こずっていて(それでもアップグレードする度に楽にはなってきてますが)、過去にアップグレード時に全てのエントリー記事を削除することになったり、レイアウトが崩れたり、使っていたプラグインソフトが対応不可などなど、あまりメジャーアップグレードには良い思いがなかったので、今回のMovable Type 6もベータ版、RC版を一切インストールせずに、当面はMovable Type 5で行くつもりでした。

ただ、Movable Typeを使い続けている限りは、何れMovable Type 6にアップグレードを行う必要があること、自分の性格上新しモノ好きのため意を決して正式版Movable Type 6をインストールすることにしました。

そのアップグレード自体は簡単で、

最初に、サーバーにアップされているMovable Type 5本体、MASAa.blogデータ、FMAZDAデータをダウンロード、また、Movable Typeの設定内容をメモる。

Movable Type 5のディレクトリ名を変更し、Movable Type 5で使っていたディレクトリに、Movable Type 6をアップロード。

Movable Type 5で使っていたmt-config.cgiのファイルとプラグインソフト、テーマファイルをMovable Type 6に移行し、アップロードしたMovable Type 6のcgiファイルのパーミッションを変更。

それらが終わるとMovable Type 6を実行と言う手順。


ここからが少し緊張するところで、Movable Type 6を実行すると、アップグレード開始のメッセージが表示されます。

Movable Type 6 アップグレード


緊張するなか、メッセージの「アップグレード開始」ボタンを押すと、アップグレードが開始。

Movable Type 6 アップグレード


しばらく待つとエラー等の表示も無く「アップグレードを完了しました!」のメッセージが表示され、これで一先ず安心(^。^)

Movable Type 6 アップグレード


次に、緊張するのが「サイトの再構築」。

サイトの再構築を実施後、エラー等の表示も無く約35分間掛けて完了。


次にサイトの設定を行うとすると、ブログ設定、公開パス、登録/認証の設定、更新通知など全ての設定が引き継がれいて、唯一、プロフィール画像を移行し忘れていたためプロフィール画像が表示されず、これは改めてプロフィール画像をアップロードして設定しておきました。
(今までのアップグレードでは、設定内容が引き継がれることは無かったと記憶しているのですが、今回それが実現されていると言うことは、mt-config.cgiによって今まで使っていた既存のデータベース(MYSQL)を設定するので、そのデータベース(MYSQL)に各ブログの紐付け情報が有り、そこから保存されている各ブログデータの設定情報を認識しているということでしょうか(・・))

MASAa.blogを表示してみると、レイアウトも崩れることなく正常に表示されました(ノ^^)ノ

既存のMovable Typeの設定内容をメモっていたのも全く使わず、Movable Type 5からMovable Type 6にアップグレードした感覚があまり無いかも(^^ゞ

これもMovable Typeが完成形に達しているということですね(・_・)(._.)


Movable Type 6 アップグレード


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1394

コメントする