2013年11月12日

「Google+1」ボタン不調 その後の経過について

9月3日に「Google+1(g+1)」ボタンの不調についてのエントリー記事をアップしましたが、その後の経過についてです。

「Google+1(g+1)」ボタン不具合内容は、「Google+1(g+1)」ボタンを押して一般公開でおすすめになるものの、その後の内容が表示されず共有ボタンも押せない状況になってしまいSNS Google+に共有できない状況となっていました。

Google+1(g+1)ボタン


深夜2時頃この「Google+1(g+1)」を押したところ、正常に内容及び共有ボタンが表示されてGoogle+に共有できたのですが、翌朝確認すると再び不具合症状発生(ノД`)

自分側としては何もいじってない状態なので、Google側による異常なのかと思い諦めようかと思ったもののどうしても気になったので、テスト用サイトを作成設置して原因を探ることにしました。

ソースの怪しそうな処理1つ1つを消して「Google+1(g+1)」の動作を確認したところ、この現象の起因としてJavaScriptライブラリ prototype.jsが影響していることが判明。

<script type="text/javascript" src="prototype.js"></script>

の一行を無効にすることで正常に「Google+1(g+1)」動作しました。

しかし、このJavaScriptライブラリ prototype.jsを無効にするとカレンダーが表示されなくなります(カレンダーでJavaScriptライブラリ prototype.jsを利用しているため)。

試しに最新バージョンのJavaScriptライブラリ prototype.jsにしてもNG。

色々と調べてみると、JavaScriptライブラリ jQueryとJavaScriptライブラリ prototype.jsは競合するので、基本的には両方を利用することは不可能なようです。

「Google+1(g+1)」が、JavaScriptライブラリ jQueryを使っているため競合による不具合が発生しているのではないかと予想(ーー;)

対応としてprototype.jsは、あっさり捨てる事にしましたσ(^◇^;)

カレンダーは、jQuery版カレンダーに変更。

これで「Google+1(g+1)」が、ようやく正常に動作します(^。^)

Google+1(g+1)ボタン


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1414

コメントする