2014年1月31日

低価格キーボード その後

先日アップした「低価格キーボード」エントリー記事の続きです。

結局Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Businessと、Logicool K270 Wireless Keyboardとで迷って、sofmap.comでMicrosoft Wireless Keyboard 2000 for Businessを注文しました。

決め手は、デザインと元々マイクロソフト製品好き(リビングPCにもマイクロソフト製マウスを使ってるので)と言ったところでしょうか(・_・)(._.)

sofmap.comからMicrosoft Wireless Keyboard 2000 for Business到着。

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business

ビジネスモデルと言うことで簡素なパッケージですが、これで十分ですね(^^ゞ

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business

レシーバーでかいですw

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business流石980円のキーボード。

安っぽいですけど、無理矢理高級そうなキーボードに見せているのがマイクロソフトらしいですw

このキーボードが980円で買えるのは十分満足出来ます。

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business

最初にMicrosoft Wireless Keyboard 2000 for Businessのモノを見てLogicool K270 Wireless Keyboardの方が良かったかもって思ったのも事実ですが( ̄。 ̄;)

キー入力自体も思ったよりしっかりしていますし、子供達は入力し易いみたいです。

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business

また、登録可能な5個のキーに良く使うサイトのURL登録することで、簡単にホームページが表示されるので特に下の子に好評です。

残念なところは、キーボード本体に電源スイッチが無いということ。

いちいち使うときにスイッチをオンにしなくても良いですが、その分電池の消耗は早めだと思います(単4電池2本使用)。

しかも、我が家に単4のeneloopのストック無いし(ノД`)

ザッと使ってみたところ、特に気になっていた不具合も発生することなく、以前使っていたbluetooth式のキーボードと違って、最初にキーを入力すると直ぐに反応するのでストレスを感じません。

このキーボードが980円で手に入れることが出来るとは良い時代になったものですな(・_・)(._.)

Microsoft Wireless Keyboard 2000 for Business

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/1489

コメントする