2014年9月27日

Logicoolゲーミングソフトウェア

「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse(ロジクール G602 ワイヤレス ゲーミングマウス)」は、ソフトウェアが付属していないので、LogicolサイトのG602 Wireless Gaming Mouse ソフトウェアダウンロードサイトからダウンロードしてくる必要があります。

ソフトウェアは「Logicoolゲーミングソフトウェア」「ロジクール接続ユーティリティ」「G602 Firmware Update」の3種類。

「Logicoolゲーミングソフトウェア」ダウンロード後、インストールするとなぜか失敗(ノД`)

OSが64ビットなのにも関わらず32ビットのソフトウェアをダウンロードしていたようです( ̄。 ̄;)

しかし、64ビットと32ビットの選択項目が分かりにくい。

この「Logicoolゲーミングソフトウェア」で、カスタマイズします。

側面の6つのボタンをカスタマイズするのですが、自分の場合、サイドボタン1を「コピー(Ctrl+C)」、サイドボタン2を「貼り付け(Ctrl+V)」、サイドボタン3を「切り取り(Ctrl+V)」に、中央クリックを「ウィンドウを閉じる(Alt+F)」に設定しました。

Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア Logicoolゲーミングソフトウェア

ソフトウェアに関しては、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」のソフトウェア「ELECOM Gaming Mouse 1.2」の方が設定度が高いです。

また、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の方が、設定したパターンを5個パターンほどメモリーすることが出来るので、多くのパターンを設定することができます。つまり11ボタンの「Logcool G602 Wireless Gaming Mouse」よりも、7ボタンの「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の方が、より多くの設定が可能です。

マクロ設定、DPI&拡張機能設定も、「ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK」の「ELECOM Gaming Mouse 1.2」が細かく設定が可能となってます。


次に「G602 Firmware Update」で、ロジクールG602ワイヤレス ゲーミング マウスのファームウェアをアップグレード(ボタン反応性の強化)させます。

アップグレードすると、Software Version: 4700.0012になります。

このソフトウェアをダウンロード後実行するして、途中一度マウスのスイッチをOFF→ONにして、マウスを認識させる必要があります。

無事ファームウェア完了し、Software Version: 4700.0012となりました。

ファームウェアアップグレード

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/3432

コメントする