2015年4月 9日

プラグインSyntaxHighlighter for Movable Type導入


movabltype_131206.png


ソースコードのハイライト表示を行うプラグイン「SyntaxHighlighter」を導入してみました。

しかし、Movable TypeからWordPressに移行する方が多いので、このSyntaxHighlighterもWordPressに移行されたためMovable Type用の開発はストップされていますね(^^ゞ 頑張れ!Movable Type!


本題のプラグイン「SyntaxHighlighter」を導入についてですが、KWLOGサイトから「mt-SyntaxHighlighter_0.1.1.0910040.zip」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを展開し、"/pluglins"と"/mt-static/plugins"のそれぞれのディレクトリにアップロードします。

次にヘッダーのテンプレートモジュールに、下記のMTSyntaxHighlighterIncludeタグを追加します。

<$mt:SyntaxHighlighterInclude brush="as3,css,jscript,perl,java,php,plain,xml" theme="default"$>

ここまでが、プラグイン「SyntaxHighlighter」の設定です。


次に実際に記事を作成していきます。

記事の作成のフォーマット欄で、「SynatxHighlighter」または、「SynataxHighlighter + Convert Line Breaks」を選択します。

記事の作成のフォーマット選択

リッチテキトエディタは使えないので、タグ打ちで文章を作成していく必要が有ります。

ソースコードを[code:language] ~ [/code]で挟めば、挟んだ部分のソースコードがハイライト表示されます。

languageは、中身のソースに合わせて指定する必要があります。自分の場合は、ほとんどXML指定ですね。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/3689

コメントする