2015年8月 5日

メインPCにWindows 10導入しました!

セカンドPC、リビングPC、子供用ノートPCとWindows 10化した影響で結局我慢出来ずメインPCも Windows 10をインストールしてしまいました( ̄。 ̄;)

デスクトップ画面に置いていたアイコンは、一部を残してスタート画面にピン留めしたので、デスクトップ画面はスッキリした状態となっています。

メインWindows 10 アップデート完了! メインWindows 10 アップデート完了! メインWindows 10 アップデート完了!

これで、我が家で常時動いている4台のPCは、全てWindows 10になり、内訳は、

メインPC:Windows 10 Pro 64bit
セカンドPC:Windows 10 Pro 64bit
リビングPC:Windows 10 Home 64bit
子供用ノートPC:Windows 10 Home 32bit

となりました。

Windows 10にアップデート後に幾つか不具合も確認しています。

セカンドPCで、スタートメニューを開こうとすると、

"重大なエラー - [スタートメニュー]が動作していません。次回サインイン時に修復を試みます。"

と言うメッセージが表示されスタートメニューを開く事ができなくなりました(; ̄O ̄)

セーフモードで起動してもNG、システムの復元で以前の状態に戻してもNGと全く復旧の目処が立たないため、最後の手段として Windows 10 を上書き再インストールを試みたところ正常になりました。

この現象は今のところセカンドPCしか発生していないため、セカンドPCのみインストールされているソフトウェアで、尚且つ常駐タイプの古いソフトウェアに的を絞ったところ「ワンセグ BUFFALOちょいテレ」が怪しいかなと(・_・)(._.)

この「ワンセグ BUFFALOちょいテレ」をアンインストールしたところ現在再発はしていません。


次にメインPCで、タスクバー右側に有る常駐アプリケーションのアイコンの上にマウスカーソルを重ねてもメッセージが表示されなくなりました。

これは JustSystemsのATOK Pad が原因でした。このATOK Padをアンインストールしたことで正常に表示するようになりました。


また、不具合ではないのですが、新しくなったウェブブラウザ Microsoft Edgeが使い難い(^^ゞ

今まで自分の場合メインのウェブブラウザは Google Chrome、サブにMicrosoft Ineternet Explorer、サブのサブにMozilla Firefoxの組み合わせで使ってきており、このスタイルは今のところWindows 10になっても変わらないのですが、Microsoft Edgeに慣れるまで従来のMicrosoft Internet Explorerも使いたいと言う事で使えるようにしておきました(Windows 10 アップデート版のみ?)。

Microsoft Internet Explorerは、タスクバー左の「Web と Windows を検索」から "Internet Explorer"で検索するとデスクトップアプリとして見つかるので、スタート画面にピン留めして使えるようにしておきました。


次にこれも不具合ではなく設定なのですが、エクスプローラーを開くとデフォルト設定では"クイック アクセス モード"で開いてしまうため、よく使用するフォルダーや最近使用したファイルが表示されてしまいます。

自分の場合これだと使い難いので、今までの表示に変更しておきました。

設定方法は、エクスプローラーの「表示」タブから右端のオプションを選択。

エクスプローラー表示変更

「フォルダーオプション」ウィンドウの「全般」タブを選択。

一番上の項目「エクスプローラーで開く」を「PC」に変更。

エクスプローラー表示変更

これで今までのフォルダー、デバイスとドライブが表示されるようになりました。


その他に、リビングの家族用PCがスタート画面にピン留めが即反応せず一度再起動しないと言う症状も発生していたりしています。

その他には大きな問題は無く、操作性のレスポンスも上がり快適に使えてます。

ドライバーやソフトもほとんどが使えていますが、今後何か発生する可能性もあるので気が抜けない状態です(笑)

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/3845

コメントする