2016年3月19日

高校生になる長女がスマホを手に入れるまで(1)

docomo_160319.png

長女が念願の高校生になることが決まったので、スマホを催促してきた(笑)

確かに卒業式後多くの生徒がキャッキャ言いながらスマホで撮影しているのを見ると、時代が変わったなとつくづく実感することに。

これはスマホを与えないといけないかな?って気がしてきたのですよ(笑)

我が家でスマホを使っているのは、自分のドコモスマホのみ。

取りあえずiPad Air 2 Wi-Fiが有るので、これを家族が使っている状況です。

奥さんは今でもドコモガラケーを使用中。

そして偶に子供達と連絡を取り合うためにドコモのキッズケータイが1台有ります。

と言うことで、スマホ1台、ガラケー1台、キッズケータイ1台、全てドコモ契約で、月々ドコモに支払っている金額はトータル約9,500円になります。

ここに長女のスマホが加わることになり、最近は奥さんも家でiPad Air 2を専有化しているので、そのうち奥さんのスマホが加わる日も近いかと。

3年後に次女も高校生になる予定なので、3年後には確実にもう1台スマホが加わることになりますね。

我が家もスマホ1人1台の4台持ちになる日も近いですな( ̄。 ̄;)

と言うことで面倒ですが、長女のスマホ購入を検討してみることにしました。

長女のスマホをどこで購入するかですが、自分と同じドコモで購入するか、それとも月々の出費を抑えるために、今流行の格安スマホ、格安simを導入するか迷うところです。

これだけ格安スマホや格安simが浸透している世の中なので、ドコモなどのキャリアに拘る必要もないと思うのですが、それでも安心のドコモなんですよね。

まずは近所のドコモショップへ行って聞いてみる事にしました。

現在ドコモに支払っている金額の内訳確認で、月々約9,500円のうち、自分のスマホに6,500円、奥さんのガラケーに2,300円、子供用キッズケータイに1,150円になります。

キッズケータイに1,150円も使っていた事にビックリ(@_@)

合わせてキッズケータイの解約月を確認すると、タイミング良く来月4月と5月でした。

次に長女のスマホとしてiPhone6sを購入した場合の月々の支払額を確認します。

ドコモで長女がiPhone6sを購入した場合、25歳以下と言うことでiPhone6s本体の価格は実質負担金として月々432円で済みます。

しかし、これに惑わされてはいけません!(笑)

通信費(パケット代、電話代)やケータイ補償サービス等を加えると、月々の支払い額は当たり前の約6,500円となります。

そうなると我が家のケータイ代は、月々約16,000円に跳ね上がります。

ケータイ代が月々16,000円って高すぎる!って言うのが自分の印象だったのですが、奥さんはこんなものかなって感じのようでした。

ドコモショップはこの辺りで退散して、どうするか尚検討です。

と言うことで、続く。。。

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/4156

コメントする