2016年4月25日

ガンダムコンバージ #1 モビルワーカー購入!

昨日イオン広島祇園のお菓子コーナーを覗くと『FW GUNDAM CONBERGE #1(ガンダムコンバージ #1)』が安くなっていたので購入しておきました。

なお、『FW GUNDAM CONBERGE #(ガンダムコンバージ #)』シリーズは、ガンダムコンバージシリーズ開始5周年を機に、大幅リニューアルが実施され、より緻密に、より大胆な立体表現を獲得したガンダムコンバージシリーズです。

ただ悲しいことに値段も上がっていて、1個540円(税込み)は高くてなかなか手が出せません。

今回、定価540円(税込み)に対し200円(税込み)になっていました!

しかし、安くなっていたのは、『No.124 MW-01 MOBILE WORKER MW-01 MODEL 01 LATE TYPE[MASH](124 モビルワーカー MW-01 01式 後期型 [マッシュ機] )』と、『No.125 MW-01 MOBILE WORKER MW-01 MODEL 01 LATE TYPE[RAMBA](125 モビルワーカー MW-01 01式 後期型 [ランバ・ラル機] )』の2種類のみ。

『FW GUNDAM CONBERGE #1(ガンダムコンバージ #1)』には、他にも、νガンダム、サザビー、ガンダム試作四号機、ガーベラ・テトラがラインナップとして有るのですが、当然売り切れ。

もう少し早くチェックしておけばとちょっと後悔(・_・、)

『No.125 MW-01 MOBILE WORKER MW-01 MODEL 01 LATE TYPE[RAMBA](125 モビルワーカー MW-01 01式 後期型 [ランバ・ラル機] )』は、私が購入したことで残り1個に、一方『No.124 MW-01 MOBILE WORKER MW-01 MODEL 01 LATE TYPE[MASH](124 モビルワーカー MW-01 01式 後期型 [マッシュ機] )』の方は若干残っていました。

しかし、このモビルワーカーって言うモビルスーツがよく知りません(^◇^;)

裏面の解説によると、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するそうで、モビルワーカー01式初期型の改良タイプになります。

近接格闘戦におけるデータ収集を行うため、コックピットとその周辺を中心に形状変更などの改良が施され、期待へのダメージや間接部への負荷などの検証も行われた機体で、テストで得られたデータは、ジオン自治共和国におけるモビルスーツ開発に役立てられたそうです。

ガンダムコンバージ #1 モビルワーカー ガンダムコンバージ #1 モビルワーカー

Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://masaa.me/cgi-bin/mt-tb.cgi/4203

コメントする